クロザリル 通信教育受けて合格

クロザリル 通信教育受けて合格

クロザリル

治療抵抗性統合失調症治療薬 「クロザリル」

 何かと処方、調剤するのに手順があり、すぐに使うことができない薬剤。従来の治療薬では効果が無かった患者様には、統合失調症治療の最後の砦でもあります。

 施用希望医療施設においては、CPMS登録医、クロザリル管理薬剤師、CPMSコーディネート業務担当者 各2名以上を通信教育を経て設定が必須であります。また、顆粒球減少症、血糖値異常の重大副作用が発現することがあり、施設での速やかな対応処置が整っていなくてはなりません。また、服用にあたり、患者様から副作用発現の可能性などを十分説明し、服用同意書もとらなくてななりません。

ということで、現在、体制整備中。

PAGE TOP