<i class="fas fa-syringe"></i>職場内のコロナワクチン接種始まる

職場内のコロナワクチン接種始まる

ちゃんとした生活

 かれこれ一か月前から、もすぐワクチンが到着なんて言って今したが、やっと、職場内のワクチン接種が始まりました。医療従事者用としては、遅いほうですね。医療関係者の知り合いなんかは、かなり早い時期に済ませている方が多く、まだかな、まだかなと心待ちにしていました。

IMの注射なんか、接種した記憶はないです。インフルエンザはSCですしね。

接種した方々は、接種時は何も痛くはないが、半日後くらいから、腫れがでてきて、ちょっと違和感があるみたいです。中には体調が思わしくない人もいるようです。

やはり、接種の次の日は勤務はお休みにしといたほうがベターですね。

この貴重なワクチン、解凍後放置してしまったとか、予定していた人が来なかったなど、残ってしまったワクチンについてが、たいたび報道されますが、少しは仕方ないよ。

1バイアル2人用のインフルエンザワクチンだって、時々(かなり)無駄にする場合が度々。予定の数が偶数でなければ無駄な余りが出ます。クリニックでの接種金額が少々高いのは無駄の出るのを見越した金額ではないのだろうかと考えますね。

これが、今回のファイザー社のコミナティは6人用。6で割り切れる人数を確保しなければ残りが出る確率は、インフルエンザワクチン以上。これが、クリニックで実施したら、よっぽどその日の接種人数をきっちり確保しなければロスが出るのは目に見えている。さらに、超低温冷凍庫が無いのが殆どですので、冷蔵して6日間、希釈して6時間のあいだに消費しなくては全てパー。本当は、一番かかりつけ医にやってもらうのが良いのでしょうが、難しいよね、かかりつけドクターでの接種は。

病院でも、スケジューリングが本当に難しい。幸い、今回は三度に分けて配送送してもらえるのでその分ありがたい。これが全員分、一度に来たらパニックです。

早く、マスクのない生活をしたい。

PAGE TOP