羽田→ロス→ペールーのリマ と乗り継いで約丸一日。
地球の裏側はさすがに遠い。
今回の目的地は標高3000mm~4000mmにあり徐々に高度を上げて宿泊し、高山病対策をとりながらの旅です。富士山より高いところに訪問地があるんです。

第一の目的地はナスカの地上絵。
セスナのような飛行機で上空から見るわけですが、
事前情報では、
1、はっきり見えない
2、せっかくの記念になる写真は、うまく撮れない
3、左右に小刻みに旋回するのでリバースあり
これ全部正解でした。はっきり見える地上絵もあるのですが、コントラストが薄くてガイドさんが一生懸命「はい右側、はい左側」と教えてくれるのですが見逃すこともあり。すぐ通り過ぎるのでベストショットは難しい。
写真は望遠レンズが必要かなと思っていましたが、地上絵は大きく、飛行高度も低いので、持参した14-42mmズームが役に立ちました。
リバースに関しては定員8名中、だいだい一人ぐらいは発症するようです。搭乗機も一人いらっしゃいました。右側の人も、左側の人も見られるようにかなりの急旋回サービスなんです。

有名な「宇宙人」の絵  山の中腹ですよ 見えにくいでしょ

搭乗機