夏の甲子園も中盤にさしかかり、当地の高校も本日出場のため、朝から見ていました。
前から、不思議に思っていたことが幾つかあります。

背番号の不思議
なぜ、とってつけた形で、台布付の背番号なのでしょう?
カッコ悪いよね。こればっかりは、ググっても納得のゆく説明が書かれていません。
背番号を縫い付けるのは個人で縫い付けるようですが、配布は主催者のような…
背番号を配布してどうするんだって感じ。
どうせ手縫いなり、ミシンなりで縫うのですから、あのベースのような四角い番号でなくても良いと思います。さらに、ポジション番号と同じにしなくてはならない意義がどこにあるのかとも。
自由に番号を付けてもなんら問題はないし、どちらかというと、いつもの自由な番号を付けたほうが合理的で、経済的だと思うのですが。

ズボンの長さ
今でこそ、プロ野球ではショートタイプ、ロングタイプが混在しており、ロングが主流。
高校野球はストッキングを見せるショートタイプと決められているんです。
使用制限の規定はここから
高校野球用具の使用制限
これ読むと色々制限があるんですね。
一番驚いたのはバットは金属ではなく、木製もOKだということ。
だったら、木製オンリーにしてしまえばよいのに。
高校球児がプロに行ったとき苦労することが無くなるのにね。
木製だと経費がかかるから禁止と思っていたんですが、経費の事は問題外でした。

伝令
監督はフィールドに入れないんでしょうか?
高校野球は教育の一環なのでしょうから、指導者(監督)が直にプレ-ヤーに指導内容を伝えるべきではないでしょうか。同僚の伝令では言葉を伝えるだけで教育的指導はできません。
学校で、A君がテストの成績が悪いので、先生がB君に「A君がもっと勉強するように」と伝えてなんてことありますか?

DH制を採用するべき
高校野球という教育の一環ならば、できるだけプレーできる人数を多くするほうよいですよね。
だったらDH制の導入です。高校野球ではピッチャーが強打者ということも多いので、大谷君のようにその時は、DH放棄でも良いですし、たくさんの球児を出場させあげたいな。
春はDH制、夏はDH制無し とかでも良いよね。
それとも、ベンチに入っているのに出られなかったというのも、個人への教育の一環でしょうか(笑)

これだけ、日本国民に興味が定着している高校野球。
女子生徒が練習に参加できないなど今回問題になっていますが、
今後は色々な面で大きな改革も必要ありでないでしょうか。